« 梅雨明け宣言 | トップページ | ファイナンシャルプランナーであること・・・ »

2009年7月22日 (水)

七大生活習慣病

保険屋の政です。まず応援のワンクリックを!

今日は夕方早々と帰宅し、個人事務所よりお電話でのお客様フォローを済ませ、先ほど業務が終了いたしました。

さて、今日のタイトル・・・

本当は先週ご契約予定だった今日のお客様ですが、3大疾病等をかなりご心配されておりまして、当初の保障内容(がん給付特約のみ)を変更したため、ご契約日が今日に伸びたのでした。

現在はいたってご健康。というご主人ですが、現在の保険ではその辺の保障がないため、よくよく考えると少しくらいの保険料の違いであえば付加させたいとのご希望でした。

従来であれば、以前にも書き込みましたが・・・「脳卒中、心疾患であれば60日以上の労働制限を必要とする状態」。という文言が約款に記載されております。

が最近の医療保険では、ここの部分が緩和され、入院を開始すれば給付が受け取れる。とか20日以上の入院があれば。とか、またはがん給付特約であれば、悪性新生物のみがその対象であった保険会社が殆どですが。上皮内新生物も対象。しかも入院はなくともがんと診断されればその段階で給付金が受け取れるという特約も付加することが可能になってきております。

従来は「がん保険」の範囲だった保障を一般の終身医療保険でカバー出来るのです。

しかも最近は、3大疾病ではなく、七大疾病・・・

ちまたで噂の「メタボ」と呼ばれるものが原因の疾病がここに含まれます。

糖尿病、高血圧性疾患、肝硬変等です。

そして、これらの給付金ですが従来は一回受け取ると、その特約は消滅しておりましたが、現在は2年に一回の制限があるものの、複数回受け取ることが出来る保険会社が増えております。

保険に入るだけでなく、自己管理の方が重要であると思いますが、何があるか解らない今の時代。

生命保険を御考えの方は、検討する項目に入れても良いかもしれませんね!

では今日はこの辺で・・・

応援してくれる方は是非ワンクリックお願いいたします

|

« 梅雨明け宣言 | トップページ | ファイナンシャルプランナーであること・・・ »

コメント

初めまして、大変参考になりますので、拝見させて頂いております。

お聞きしたいのですが、60日の労働制限と書かれておりますが、連続して60日のことでしょうか?それとも通算してという意味でしょうか?私も50歳になりましたので、生活習慣病が気になります。

投稿: 藤井 剛 | 2011年5月14日 (土) 08時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125400/45710000

この記事へのトラックバック一覧です: 七大生活習慣病:

» ウエストダイエット方法 [ウエストダイエット方法]
ウエストダイエットを簡単に効率よく行う方法。ウエスト周りは一番脂肪が付きやすく、目立つ場所でもあります。ウエストダイエットには、まず基礎代謝をあげることがとても重要になってきます。 [続きを読む]

受信: 2009年7月23日 (木) 11時15分

» メタボ 保険料 [メタボ 保険料]
メタボリンクシンドロームの保険の役立つ情報をわかりやすく解説しています [続きを読む]

受信: 2009年7月24日 (金) 10時05分

» 住宅用火災警報器 [住宅用火災警報器]
住宅用火災警報器 [続きを読む]

受信: 2009年7月25日 (土) 23時13分

» がん保険の選び方 oxo [がん保険の選び方 oxo]
がん保険に関する情報サイトです。 よろしければご覧ください。 [続きを読む]

受信: 2009年7月27日 (月) 14時06分

» 活性酸素と生活習慣病 [活性酸素を減らす生活]
生活習慣病の発病の原因として、活性酸素が問題になっています。生活習慣病といえば、糖尿病や心臓病、癌、肝臓障害、脳血管障害、腎臓障害などが挙げられますが、特に関係が深い動脈硬化と糖尿病について深く掘り下げてみたいと思います。まず動脈硬化についてですが、動脈硬化は血管が細くもろくなってしまう病気で、血流が悪くなったり血管が破裂してしまう恐ろしいものです。これは血管の内壁に脂質や繊維やカ�... [続きを読む]

受信: 2009年8月 7日 (金) 00時50分

» がん保険 給付金 [がん保険 給付金]
"上皮内がんとは上皮内新生物のことを言い、がん細胞が粘膜の一部にとどまっていると診断されたがんのことで、上皮細胞と間質細胞の境界膜を破って侵入していないので切除すれば治ります。つまり転移の可能性がまだない状態なので、いわゆる悪性腫瘍とは区別されます。しかし、いくら「上皮内がんは、あくまでもがんではない」という理屈を言われても、保険会社によってはがんの場合と区別せずに診断給付金を出すところもあるのですから簡単に納得はでき... [続きを読む]

受信: 2009年8月10日 (月) 09時36分

« 梅雨明け宣言 | トップページ | ファイナンシャルプランナーであること・・・ »